黒瀨文也 公式ホームページ

2017年7月20日木曜日

日本一に

今週末はマウンテンバイク全日本選手権。

レースを楽しむことが出来れば1番上に立つことができる。
自分の走り=楽しんだ量で決まる。

「ねだるな勝ち取れ、さすれば与えられん」
最近みたアニメの名言で、ねだらずに勝ち取れば、与えられる。良い名言ですね!

それでは日本一を勝ち取りに行ってきます!!
応援よろしくお願いします!


2017年7月3日月曜日

3週間後の自分へ

残り3週間で全日本選手権。
先週のレースは4位と自分の中で全くよくない結果でした。
目標はそこではなく、全日本とその先の世界
あと3週間でできることは現時点のパフォーマンスを最大限に上げること。

3週間後に後悔をしないためにあと2週間で追い込んで仕上げていくぞ~(^o^)



お気に入りの写真 Photo by 巨匠

2017年6月26日月曜日

復活!&地元紹介

今週末に行われた、Doride 上砂川耐久レースに参加してきました。体調不良から回復してからの大会で優勝することが出来ました。

やっと自分の走りが戻ってきて不調前よりも強く踏んで行けるようになりました。復活!!
来週はXCレースなので現在の力を見て、全日本選手権までに調整していきたいと思います。


そして地元スポンサー紹介!
①岩瀬牧場 
  一の沢の大自然で育った牛から搾った牛乳でジェラートやプリンチーズケーキなどを販売して    います。僕はジェラートでストロベリーミルフィーユが一番のおすすめです(自分が大好きなだけですww)練習後はアイスです!


②もっきりや
  自然有精卵の卵でとても栄養価の高い卵を販売しています。ここも一の沢です!

③株式会社木の城しんせつ
  旧木の城たいせつのアフターフォローや、リフォーム、新築注文も行っています。
  従業員の方もとても明るく親切な人がいっぱいです。


④口福厨房
  砂川の12号線沿いにある中華料理店です。シェフが旬なものを使った料理は絶品です。
 僕はエビチリがとても大好きです。小さい頃はあんかけ焼きそば大好きな少年でした。ww
口福厨房 Facebook



⑤株式会社治田タイヤ
  砂川空知太12号線沿いのカー用品、車のタイヤの事ならおまかせ!
僕の家の車のタイヤは治田タイヤさんにいつもお願いしていて、親切な対応で、治田タイヤさんに頼む砂川の人は多いです。

⑥三谷果樹園
  リンゴやブルーベリーなどの果物を販売しています。リンゴ100%ジュースも販売していて、とてもおいしいと評判です。リンゴの種類も多数あり、秋にリンゴが収穫されます。もう一度言いますリンゴは秋になります!


最後に僕の実家は黒瀬ラベンダー園で、野菜全般を販売しています。傾斜地で育てた、カボチャ、イモは甘味がありホクホクです。お問い合わせは 0125₋53‐2685 です。時期により野菜の時期が遅れることもあるので電話受付となっています。ラベンダーは7月の中旬ごろが見頃です。

                                                              


2017年6月18日日曜日

山活始めました。

今週末はアウトドアスポーツをするにはとても良い天気でしたね!
僕は今年からban.Kスキー場に出来たMTBコースで楽しんでました。
photo by 本田さん
コースは2種類ありアドベンチャーコースとファミリーコース。
 アドベンチャーはXCコース系で登りもあるので良いトレーニングになります。追い込みたい人はこっちです。笑

photo by ニマさん
ファミリーコースは上の写真でバンクの連続とウェーブ、テーブルトップまであり、初心者から上級者まで遊べるコースになってます。

サスのセッティングやサドル調整も見つめ直し少しずつ変えていきました。僕は自走で行ってますがエルゴンバックに調整工具と空気入れ予備チューブを持っていってます。


トルクレンチはカーボン部品などの規定のトルク以上かけてしまうとバキ!っと音がなり、高い部品が壊れてしまいます。僕も何回かやってるので最近はトルクレンチを使うようにしています。
6Nm と5Nmと種類があり、サドルやステム、ローターなど様々な部分で使えます。コンパクトなのでオススメです。
http://topeak.jp/tool/tol33700.html  ← トルクレンチ

サスポンプは今まで使った中で1番使いやすいです!これ本当です笑
着脱の時に空気が抜けづらいことがとても良いです。そしてとてもコンパクトです。   http://topeak.jp/pump/ppm04700.html ←ポケットショックDXG

あとは携帯工具のヘキサスⅡをまた行けば大丈夫ですね、8mm の6角レンチが付いているのでペダルの着脱も出来ます。なんとサイドにタイヤレバーも付いています。

 と少し商品の紹介も入れさせていただきました。
山に行く時は準備を十分にして、楽しい山活にしましょう!

2017年6月12日月曜日

Coupe du Japon ISHIKAWA HAKUSAN ICHIRINO ONSEN  レースレポート



2017/6/11

天候:晴れ

順位:男子エリート55位 ‐4lap

路面:ゲレンデ部分ドライ 森部分ウェット

周回数:6周 +スタートループ1



土曜日に会場入りし昼から試走でした。午前中のタイムトライアルをみてタイヤを考えていました。昼過ぎに雨が降ってきて本降りがずっと続きコースがマッドコースなっていたので今回はマッドタイヤを使用しようと思いました。雨がひどかったので3周ほどして試走は終了しました。日曜日は土曜とは真逆の晴天でコースが昼にはゲレンデ部分が乾いて女子のレースではドライタイヤでも行けることがわかり、急遽タイヤを交換してレースに臨みました。



スタートは5列目でスタートし、最初のスタートループはゲレンデを直登していく。中間部で10番手あたりまで上手く出ることが出来た。頂上までは先頭のほうに付いて行くことが出来た。これはエリートに上がって初めてスタートで前に出ることが出来た。この後のゲレンデ下りで大きなミスをしてしまった。フロントタイヤのグリップが外れ前転。コーステープを超えて自転車ごと飛んで行った。機材は問題なしで体も強く打たなかったのでレースに戻ることが出来た。その後森部分の緩い登り区間に入り、いつもよりも持久力が格段に落ちていて足に力が入らなくなった。2週間前の体調不良から回復に努めて全く練習を出来ていなかったことがレースに出てしまった。



スタートループを終え1周目に入りいつもの力は続かない。ゲレンデの登りは全く進んでいかない。シングルの下りも積極的に下れずにミスが続いて行った。今回は下りもフラフラな状態。

2周目でラップタイムが迫っていた。2周目でカットされることになった。



2週間休んでいてこの結果は予想していた。でもスタートしたいとの思いでいっぱいだった。スタートで先頭集団に着いて行きトップのスピードを知ることができた。これだけが今回の収穫でした。あとは長く走れるようにするだけ。体調を管理するだけ。

次は全日本選手権で日本一を決める大会。残り1か月焦らず丁寧に、心と体のバランスを忘れずに練習、体調管理していきます。

今回も沢山の応援サポートありがとうございました。 
                                                 黒瀬文也



使用機材 

フレーム:MERIDA BIG.NINE  2017

フォーク:ROCK SHOX SID RLC

コンポーネント:SRAM XO1 EAGLE   32T

ブレーキ:MAGURA MT6

ブレーキパッド:Vesrah Cross Country

タイヤ:MAXXIS IKON×フロント  1.6bar  リア  1.65bar 

ホイール:Do Corsa Nove 30WA  カーボンホイール

ステム:TIOGA  ステムAL NINE 100㎜ 73°/96°ブラック

サドル:ERGON  SMR3  Pro  Carbon   Sサイズ

シートポスト:TIOGA Scepter Cabon SeatPost

グリップ:ERGON  GE1 Slim

ボトルゲージ:TOPEAK Shuttle Cage CB

シューズ:LAKE MX237

ウェア:SPORTS KID プレミアム3クロスジャージ

グローブ:ATLAS ウルトラフィット・グローブ 

ソックス:titan サイクリングソックス

2017年6月6日火曜日

心と体のバランス

勢和多気のレースから体調が崩れ回復したと思いきや富士見では体調不良で全く走れず。
富士見から1週間して一昨日の北海道でのヒルクライムレース。午後からはXCレースと気持ちでは追い込めると思ってるが、体が悲鳴をあげている。

タイ合宿から帰って来て自分はここまで追い込むことができるんだ!と思ってましたが、体の方は思っているよりも弱かった。内臓にまで疲労が出て上手く消化もできてない。

環境が変わり、トレーニングの環境も良くなりトレーニングを頑張っても体の管理が不十分だったのかもしれない。

普段なら余裕だと心で思っても、体は無理だわって言ってる。

少しだけで体に耳を傾けてみよう。まだレースは始まったばかりだから。

2017年5月29日月曜日

Coupe du Japon FUJIMI PANORAMA レースレポート


2017/5/28

天候:晴れ

順位:男子エリート46位 ‐3lap

路面:ドライ、一部ウェット

周回数:



全日本選手権が7月に行われる会場である富士見パノラマでのレース。先週の勢和多気に続きのレースで今回のレースは上手く体調を回復出来ずに望んでしまったレースでした。



先週のレース後から練習でも疲労感が出てきて、追い込むことがままならない。胃の調子も悪いのかヘルペスが口に出てきて周りから疲れが溜まっていると心配されましたが、自分ではまだまだやれると思っても体が付いて行かずのままで土曜の試走日になりました。

試走日の午前中はコースが26日金曜の雨によりウェットな個所が多く滑りやすいので3周ほどラインをしっかり確かめて、午後からも試走をすることにしました。午後からはコースが乾いてきて土が締まってきてグリップもするようになり、午前中は30WAホイール(太めのリム)で走り、午後からは30W(細めのリム)で走りました。午前中は滑る箇所があったのでワイドリムは安定した走りが出来ましたが。午後からは路面が締まってきて午前中よりもグリップするようになったので、細いリムにすることによりコーナーでのタイヤのグリップがさらに増して、レースは下りでの安定感と軽さを優先して、細いリムの30Wで行くことにしました。



当日は7時半ごろに会場入りして、準備などをしてユースのレースなどを見てラインを観察していました。エスケープラインのほうが速いところなどがあり、レース中のラインを発見することもありました。



アップは1時間前から初めて暑さでやられないように水分補給を多めにしました。



レーススタートはあまり体調がすぐれないなと感じながらもスタート。スタートで目の前で落車が起こりその後ろに居たのでストップしてしまい。ほぼ後ろスタートで最初の坂を上り、抜いて行こうと踏んでいこうとしましたが力が入らず。1周目の半分のあたりから腹痛でまともに走れなくなり吐き気も出てきてしまう。



2周目に後ろの方のパックに付いて行くのが精一杯の状態が続く。フィードのゼリーなどを取って体を誤魔化して走ろうと考えましたが、全く効果がなくてペースがどんどん落ちていきました。それでも声援だけが励みになりなるべくペースを落とさず走る。



3、4周目も腹痛が収まらなくて止まってしまおうかと思ったぐらいだったのですが、もう少しだけ踏ん張って、パックから離れないようにしました。



5周目でトップとのタイム差が80%カットに近づいていることがわかり、腹痛が少し収まったので出来る限りペースを上げて順位を上げることに専念しました。結果は46位となりました。体調管理が上手く出来ないことがあって、先週からの体の疲れがレースに響いてきたことは自分の体をよく理解していないこともあり、気持ちだけが追い込もうとするあまりに今のコンディションをさらに落としてしまうことになりました。

2週間後の白山一里野までは少し時間があるので十分な休養と栄養を取って万全な状態で行きます。



今回も沢山の応援サポートありがとうございました。



使用機材 



フレーム:MERIDA BIG.NINE  2017

フォーク:ROCK SHOX SID RLC

コンポーネント:SRAM XO1 EAGLE   32T

ブレーキ:MAGURA MT6

ブレーキパッド:Vesrah Cross Country

タイヤ:MAXXIS IKON×フロント  1.65bar  リア  1.70bar 

ホイール:Do Corsa Nove 30W  カーボンホイール

ステム:TIOGA  ステムAL NINE 10055°/125°ブラック

サドル:ERGON  SMR3  Pro  Carbon   Sサイズ

シートポスト:TIOGA Scepter Cabon SeatPost

グリップ:ERGON  GE1 Slim

ボトルゲージ:TOPEAK Shuttle Cage CB

シューズ:LAKE MX237

ウェア:SPORTS KID プレミアム3クロスジャージ

グローブ:ATLAS ウルトラフィット・グローブ 

ソックス:titan サイクリングソックス